診療案内

一般歯科

当院では、きめ細やかなサービスと患者様にあった治療を行っています。
いわゆる一般の歯科治療を行います。
虫歯を治療し、銀歯やレジン(プラスティック)などを詰めたり、冠をかぶせたりします。
また、親知らずの治療も行っております。

【虫歯の進行】
C0:初期虫歯

歯の表面エナメル質が脱灰しはじめてる、白濁した状態。

CO:初期虫歯
C1:

エナメル質(歯の表面)に穴があいた状態。症状、痛みもほとんどありません。

C1:エナメル質(歯の表面)に穴があいた状態。症状、痛みもほとんどありません。
C2:

虫歯がエナメル質を越えて、象牙質まで達した状態。 冷たいものや、甘いものもしみてきたりしてきます。

C2:虫歯がエナメル質を越えて、象牙質まで達した状態。
C3:

虫歯が神経(歯髄)にまで、進んだ状態。
痛みがひどく、神経が、痛んでいるので、神経を取る必要があり、治療に時間や回数がかかります。

C3:虫歯が神経(歯髄)にまで、進んだ状態。
C4:

虫歯がさらにひどくなり、歯の頭の部分(歯冠)がほとんどなくなり、中の神経も破壊されて、根の先に膿がたまったりすることもあります。場合によっては、歯を抜く必要があります。

C4:虫歯がさらにひどくなり、歯の頭の部分(歯冠)がほとんどなくなり、中の神経も破壊されて、根の先に膿がたまったりすることもあります。場合によっては、歯を抜く必要があります。
【虫歯ができやすいところ】
①奥歯のかみ合わせの面にある溝の部分
②歯と歯の間
③歯と歯茎の境目(生え際)
【治療法】
症状 状態 治療法
歯の表面が脱灰されはじめてる 歯の表面が脱灰されはじめてる 初期虫歯 虫歯がすすまないようにフッ素などで予防し、歯の再石灰化を期待する。
神経(歯髄)を残せる
C1〜C2
神経(歯髄)を残せるC1〜C2 小さな虫歯 セメント、白いプラスチック状のものをつめる。
神経(歯髄)を残せるC1〜C2
神経が残せない
C3
神経が残せないC3 神経をとる
(根管治療)
歯型を取り、基本的にはかぶせる。
歯根だけが残ってる 歯根だけが残ってる 根の治療をする 歯型をとり、基本的にはかぶせる。状態により、歯をぬきます。

歯周病の検査

@歯周ポケットの測定
歯と歯茎の隙間の深さをプローブという、器具で測ります。また、同時に、歯茎からの出血があるかどうかを見ます。必要により、一つの歯で4ヵ所測ります。
歯茎が腫れていたりすると、出血がみられます。
A歯の動揺度の測定
ピンセットで、歯のグラグラ度を調べます。
0度:動かない
1度:前後に少し動く
2度:前後、左右に動く
3度:前後、左右、上下に動く(かなりグラグラしてる)
B歯を支えてる骨の状態を見る(レントゲン撮影)
レントゲン撮影で、目では見えない、歯を支えてる骨の状態を確認します。
歯を支えてる骨密度の高いところは白っぽく、骨密度の低いところは、黒っぽく写ります。
C歯垢(プラーク)の付着状態
歯周病の直接の原因は、プラーク(歯垢)です。きちんと、磨き残しがないか、磨けてるかを、染め出し剤を使い、赤く染め出されてるところをチェックします。
D不適合な詰め物、被せが入ってないかのチェック
歯茎が下がってきたりすると、以前に治療してた詰め物や被せの周りに汚れが付きやすく、慢性的に歯垢が貯まりやすく、歯茎が腫れやすく歯周病が進行しやすくなったりする場合があります。状態により、詰め物や被せをやり直します。
E全身的な病気などの問診
糖尿病や、白血病、高血圧などの全身的な病気がある場合、歯の周りの組織の抵抗力が弱く、歯垢の影響を受けやすいことがあり、歯茎が腫れやすいことがあります。また、内服されてる薬などによっても、歯茎の状態が悪化する場合があり、治療する上でも注意が必要です。
F噛み合せや歯ぎしりがないかなど
歯ぎしりなどがある場合、歯周病がさらに悪化する場合が、よくあります。その場合は、歯ぎしり防止のための装置などを作る必要があります。

小児歯科

乳幼児を主体として行う治療を総称して小児歯科と呼びます。
虫歯または歯肉炎に疾患している患者に対しての初期治療では虫歯補填処置や金属による修復処理を行います。
学童に対しては永久歯の為の乳歯抜歯や小学生矯正等も行っております。

インプラント

失った歯のところの顎の骨に、埋め込む人工的な歯根をインプラントといい、そのインプラントの上に人工のかぶせを入れる治療をいいます。
【長所】
・ブリッジのように支えとなる歯を削ったり、負担をかけることがない,
・自分の歯と同じような感覚で噛むことができる
・見た目もほとんど自分の歯と同じようにできる
【短所】
・治療期間が長い(およそ3ヶ月位)
・顎の骨の状態などにより、できない場合がある
・歯を抜くのと同じ位の処置・治療が必要である
・保険が適用しません

[左下奥歯2本にインプラントを入れた場合]
左下奥歯が2本ありません 左下奥歯が2本ありません。
インプラントを2本入れた状態 インプラントを2本入れた状態
見た目は自分の歯と変わりません。
顎の骨に入れるインプラント 顎の骨に入れるインプラント

予防歯科

予防のために来院された方に、歯科衛生士による定期的な歯のクリーニングをさせていただいております。また、フッ化物を塗り虫歯予防の治療も行なっております。

ホワイトニング

自分の生まれもった歯をなんらかの方法でより白くすることを「ホワイトニング」と称します。
これらの方法にはプロによる機械的清掃法と化学的な歯の漂白があります。

滅菌パック

当院では、感染予防のために滅菌パックを導入しています。
滅菌パックは、完全滅菌した治療器具を滅菌パックに入れて、患者様一人に対して一つの滅菌パックを使用するシステムです。この滅菌パックを使用することによって、患者様への感染をしっかりと防ぐことができます。

滅菌パック

Contents

Pick Up Point

Clinic Information

Mobile Site
QRコード